近畿地方学歴マップ&ランキング

 
TOPに戻る
 

*注記*
近畿地方(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県)の市区別の高等教育卒業者比率(≠高卒者比率)を載せます。これは2005年の国勢調査に基づくもので、その比率とは、15歳以上人口の卒業者(卒業して在学していない者)に対する、短大・高専・大学・大学院の卒業者の比率で、2000年の数字になります。なお、偏差値の算出にあたって、各市区の人口は考慮しておらず、また母集団は近畿地方の市区のみとし、全国ではありません。なので、偏差値を首都圏バージョンとは単純比較できません。それから、対象範囲が広くなったため、縮尺の関係上、市区名が見にくくなってしまいましたので、近日公開予定の京阪神圏拡大バージョンの地図もよろしくお願いします。
 
 
 
①短大・高専・大学・大学院の卒業者比率マップ
 
下はサムネイルですので、拡大してご覧ください(141KB)
Photo
 
 
 
②短大・高専・大学・大学院の卒業者比率ランキング
 
左の数字:大卒率(単位%)/右の数字:偏差値
 
1位~10位
芦屋市 53.1 83.6
■■■偏差値80■■■
生駒市 48.1 77.1
■■■偏差値75■■■
宝塚市 44.9 72.9
神戸市東灘区 44.8 72.8
箕面市 44.7 72.7
西宮市 43.5 71.1
■■■偏差値70■■■
吹田市 40.8 67.6
長岡京市 40.5 67.2
京都市左京区 40.4 67.1
奈良市 40.3 67.0

11位~20位
川西市 39.6 66.1
三田市 39.6 66.1
池田市 39.1 65.4
■■■偏差値65■■■
木津川市 37.9 63.9
豊中市 37.9 63.9
茨木市 37.6 63.5
大阪市天王寺区 37.5 63.3
京田辺市 36.5 62.0
大阪狭山市 36.5 62.0
河内長野市 36.0 61.4

21位~30位
京都市西京区 35.9 61.3
香芝市 35.6 60.9
交野市 35.1 60.2
神戸市灘区 35.1 60.2
大阪市阿倍野区 35.0 60.1
■■■偏差値60■■■
高槻市 34.8 59.8
大阪市中央区 34.7 59.7
大津市 34.6 59.6
京都市北区 34.4 59.3
枚方市 34.2 59.1

31位~40位
神戸市西区 33.8 58.5
草津市 33.6 58.3
大阪市西区 33.3 57.9
京都市中京区 33.2 57.8
向日市 33.1 57.6
神戸市北区 32.7 57.1
神戸市須磨区 32.5 56.8
守山市 32.5 56.8
神戸市垂水区 32.4 56.7
富田林市 32.0 56.2

41位~50位
京都市上京区 31.9 56.1
宇治市 31.9 56.1
伊丹市 31.9 56.1
大和郡山市 31.6 55.7
■■■偏差値55■■■
栗東市 31.0 54.9
京都市下京区 30.7 54.5
八幡市 30.5 54.2
天理市 30.4 54.1
橿原市 30.3 54.0
大阪市北区 30.1 53.7

51位~60位
高石市 30.1 53.7
葛城市 30.0 53.6
野洲市 29.8 53.3
藤井寺市 29.4 52.8
城陽市 29.1 52.4
大阪市福島区 29.1 52.4
京都市右京区 28.5 51.6
大阪市都島区 28.4 51.5
和泉市 28.2 51.3
羽曳野市 28.2 51.3

61位~70位
神戸市中央区 28.1 51.1
明石市 28.1 51.1
京都市東山区 28.0 51.0
橋本市 28.0 51.0
柏原市 27.9 50.9
亀岡市 27.7 50.6
彦根市 27.3 50.1
■■■偏差値50(平均値=27.2%)■■■
大阪市城東区 27.1 49.8
大阪市旭区 27.0 49.7
堺市 27.0 49.7

71位~80位
大阪市淀川区 26.8 49.4
泉大津市 26.8 49.4
四条畷市 26.8 49.4
桜井市 26.7 49.3
京都市伏見区 26.4 48.9
大阪市住吉区 26.4 48.9
阪南市 26.4 48.9
大和高田市 26.4 48.9
寝屋川市 26.3 48.8
岩出市 26.3 48.8

81位~90位
京都市山科区 26.2 48.7
大阪市東淀川区 26.2 48.7
大阪市東住吉区 26.2 48.7
八尾市 25.6 47.9
加古川市 25.6 47.9
摂津市 25.5 47.8
尼崎市 25.4 47.6
近江八幡市 25.0 47.1
大阪市東成区 24.4 46.3
姫路市 24.4 46.3

91位~100位
三木市 24.2 46.1
泉佐野市 24.1 45.9
宇陀市 23.8 45.5
湖南市 23.7 45.4
大阪市鶴見区 23.6 45.3
東大阪市 23.6 45.3
泉南市 23.6 45.3
高砂市 23.5 45.2
和歌山市 23.4 45.0
■■■偏差値45■■■
貝塚市 23.2 44.8

101位~110位
大阪市住之江区 23.0 44.5
岸和田市 22.9 44.4
長浜市 22.9 44.4
京都市南区 22.7 44.1
紀の川市 22.6 44.0
甲賀市 22.5 43.9
福知山市 22.2 43.5
加東市 22.2 43.5
御所市 22.1 43.3
南丹市 21.9 43.1

111位~120位
松原市 21.9 43.1
大東市 21.8 42.9
赤穂市 21.7 42.8
篠山市 21.7 42.8
米原市 21.7 42.8
大阪市西淀川区 20.9 41.8
たつの市 20.9 41.8
相生市 20.7 41.5
五條市 20.7 41.5
大阪市港区 20.6 41.4

121位~130位
守口市 20.6 41.4
東近江市 20.1 40.7
神戸市兵庫区 20.0 40.6
海南市 20.0 40.6
豊岡市 19.9 40.5
加西市 19.5 40.0
■■■偏差値40■■■
大阪市平野区 19.4 39.8
綾部市 19.2 39.6
舞鶴市 19.1 39.4
宮津市 18.9 39.2

131位~140位
神戸市長田区 18.9 39.2
小野市 18.8 39.1
大阪市生野区 18.6 38.8
門真市 18.6 38.8
朝来市 18.5 38.7
洲本市 18.4 38.5
高島市 18.4 38.5
養父市 18.1 38.1
大阪市此花区 17.6 37.5
西脇市 17.6 37.5

141位~150位
丹波市 17.3 37.1
大阪市浪速区 16.8 36.5
京丹後市 16.6 36.2
大阪市大正区 16.6 36.2
御坊市 16.5 36.1
新宮市 16.3 35.8
南あわじ市 16.2 35.7
宍粟市 15.9 35.3
有田市 15.9 35.3
■■■偏差値35■■■
田辺市 14.8 33.9

151位~152位
淡路市 14.5 33.5
大阪市西成区 12.3 30.6

<都道府県別>
奈良県 33.5
兵庫県 29.5
京都府 29.4
大阪府 28.2
滋賀県 27.1
和歌山県 20.3
 
 
 
首都圏の例と同じように、おおよそ平均世帯年収に比例しそうです。40%を超える市区は僅か10だけとなり、首都圏よりも全体的に低いようです。公立小中学校学力調査・大学入試センター試験平均点・大学等進学率などでは、関東と関西はほとんど差がありません。むしろ、京都府や奈良県に関しては東京都などを凌ぐ全国TOPレベルの教育水準だと言われます。しかし大学進学や就職のため上京する学生らが多いことを考慮すると、15歳以上人口の卒業者(卒業して在学していない者)に対する、大学等卒業者比率が首都圏より低くなってしまうことは必然ですね。特に、京都府は大学が集中し高い教育水準を誇りながら、同時に古くからの住民層も多いため、前述のような生徒の学力水準と大卒率の水準との乖離が大きくなる現象が顕著です。
 
下位20位ぐらいまでの市区について、首都圏では主に千葉県の過疎地で15%未満の市がいくつかあり、それ以外もほとんど過疎地や田園地帯の市が占めます。一方近畿地方では15%未満の市区はほとんどないものの、都市部の市区で下位20位に入る低い率の市区が主に大阪府にいくつか見られ、ここでも近畿地方と首都圏の違いが認められます。
 
さて、京阪神圏の学歴マップはやや複雑な階級区分図となっています。低平な関東平野と比べて地形が複雑である点と、インナーシティの発生する中心的な大都市が東京大都市圏(定義が複数存在するが、3650万人とする)の東京23区と横浜市の二つに対し、京阪神圏(同様に定義が複数存在するが、1850万人とする)ではその名の通り中心的な大都市が三つと人口に対して比較的多い点からです。
高学歴な地域は以下のように大別できそうです。
 
とても高い地域
①神戸市東部~芦屋市を中心とした阪神間地域(尼崎市を除く)~北摂地域(摂津市を除く)
②奈良県北部から京都府南端部
③長岡京市や京都府左京区など

高い地域
④上町台地(天王寺区・阿倍野区)や大阪市都心部
⑤南河内の新興住宅地域(大阪狭山市・河内長野市・富田林市)
 
ざっくり言えば、都市部の低地は低く、都市部の台地や丘陵地(=山の手)は高いということですね。これは近畿地方以外の大都市圏でも当てはまります。ダントツ1位の芦屋市はやはりと言ったところでしょうか。母集団を近畿地方とした同市の偏差値は、なんと80を超えました。それ以下のTOP10の面子も納得のいくところですが、個人的に意外だと思ったのは、8位の長岡京市です。一気に最下位に目をやると、2005年度の完全失業率が22.4%(2000年度は18.1%)だった大阪市西成区の、ガクンと低い大卒率がやはり気になります。

TOPに戻る
 

コメント

大阪中心部かなりキテマスね。そりゃ橋下氏(大阪中心部出身)必死になるわけだ。でももうここまでくると挽回は難しいかもしれない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

無料ブログはココログ

最近の記事